子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

金銭感覚を養うために親が教えてあげたいこと

子どもにお金の大切さを教えることは、食事をさせるのと同じくらい大切なことです。
大人になってから、狂った金銭感覚を治すことは簡単ではありません。
そこで、子どもの金銭感覚を養うために親が教えてあげたいことについて紹介します。

 

 


失敗を見守ることも大事

お小遣いやお年玉を、おもちゃなどを買って使い果たしてしまうこともあるでしょう。
そんな時は、買うのを止めるのではなく、本当にそれでいいのかと念を押して失敗を黙って見守ってください。子どものうちに、お金は使ったらなくなるということを覚えることが大切です。お金がなくなったとしても、追加でお小遣いをあげるのは厳禁です。

 

貯金箱でお金をためる

子どもが何かを欲しがったら、まずは自分でそのお金を稼ぐように考えさせましょう。使用しなくなったおもちゃを売りにだしたり、近所のペットのお散歩を代わりに行うなど、実際に自分の持ち物を売ることや、労働をしてお金を稼ぐ方法を理解することが大事です。そのお金が貯金箱にすこしずつ貯まっていくことが、モチベーションの向上にもつながります。実際に稼いだ金額を記入させることで、目標額にたいして、今どれぐらい達成しているかの確認もできます。

 

現金で買うことを教える

大人になると車など大きな買い物をするようになります。
お給料に見合わない新車や住宅を購入してしまうと、生活が成り立たず、親のすねをかじることにもなりかねません。子どもの頃から、持っているお金と相応のものを購入する習慣を身につけることが大切です。
また、保護者様がクレジットカード使用しているシーンを見せるのはできるだけ避けましょう。実在しないお金で購入する習慣がついてしまうと、将来自己破産やローン地獄などに陥る危険性も高くなってしまいます。

 

寄付の大切さを教える

お金を寄付することで、困った人を助けることができるということを実感させることも大切です。子ども自身のお小遣いを、子どもが興味を持った機関に寄付させましょう。自分のお小遣いが人の役に立つことを実感することで、情操教育にもつながります。

 

FP mamaでは、名古屋でお金の教育に関するセミナーを開催しております。
人気の「親子でおこづかいセミナー」では、学校では教えてくれないお金の教育を楽しく提案させていただきます。他にも、おすすめのメニューが多数ございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。