子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

なぜお金が必要なの?と子どもに聞かれたら・・・

 

お金の勉強をしたいという声をよく耳にします。お子様に「なぜお金が必要なの?」「どうして貯金しないといけないの?」と聞かれた際にきちんと答えることが、金銭教育において重要です。こちらでは人生で特にお金が必要になると言われる3大資金をご紹介します。

 

子供の養育・教育費

子供1人が大学を卒業するまでに必要な金額は最低でも3,000万円と言われています。確実に支出が予想される費用として小学校・中学校・高校の授業料です。また、現在では大学への進学を志望するお子様が増えていますので、大学教育費用もプラスされます。さらに食費・医療費・トータルで見た時のお小遣い額も忘れてはいけません。幼稚園から高校まで私立に通い、大学も私立理系、私立医歯薬系学部に通学した場合が国内では一番教育費がかかるケースとなり、幼稚園から大学まで公立校に通うケースとの差は約3,000~4,000万程度といわれています。この金額を見ただけでも、教育費は計画的な準備が必要ということが確認できます。

 

住宅資金

マイホームは住み続けられる棲家として誰しも欲しいものです。住宅購入資金として最も費用がかかるケースは土地を新規購入して、住宅部分をゼロから建てるケースです。純粋な土地代、施工費用だけでなく土地・建物の登記費用、火災・地震に備える保険料、税金など様々な費用が必要になります。住宅ローンでの融資を依頼するともなると一生の大部分を購入費用の捻出にあてることになりますので、失敗しないように計画的な資金計画を立てることが重要です。

 

老後の資金

3大資金の1つとして老後の生活にあてる資金作りは大きなテーマとなっています。近年は年金制度の資金不足が指摘されていることもあり、老後の資金に不安を覚える方も多くいらっしゃいます。若いうちから老後の生活資金を懸命に蓄えてらっしゃる方も多くいらっしゃいます。また、親世代の老後・介護費用にお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。最近では公的年金の繰り下げ制度やNISA、アベノミクスも注目されていますので、「ママのためのお金の勉強」セミナーをご活用いただいて貯めるだけでなく「活用する」「運用する」「増やす」という方法にもぜひご注目ください。

 

子どもに「なぜお金が必要なのか」「どうして貯蓄が必要なのか」聞かれた際に、上記のようなことが
あるから「お金は必要!」と伝えてみてはいかがでしょうか?
また、保護者の多くは貯蓄や保険加入をお考えの方も多いと思います。しかし、何となくあった方が良いという理由で、ただ漠然と貯蓄・保険加入・資産運用していては「やはり足りなかった」「他にも有益な使い道があったかもしれない」と後悔してしまうかも知れません。お金が何故必要なのか、目的意識を持っておくことも重要です。